アイデアを実行へ

今までの調剤薬局においては、処方箋を持って来局される患者さんへ恩恵をもたらすことが求められてきました。しかし、私たちの考える、未来の調剤薬局ではそれだけにとどまりません。処方箋を持って来局される患者さんに加えて、地域の住民の方にも恩恵をもたらせるような、調剤薬局の在り方を考えています。私たちは、内閣府の打ち出した「骨太の方針」内の「対物業務から対人業務へのシフト」という文言について、そのように解釈しています。未来の調剤薬局モデルを実現するにあたり、様々なアイデアが必要不可欠です。そのために、ポプラ薬局ではアイデアを語り合い、アイデアを実行に移すための様々な取り組みが行われています。

地域貢献の為に

処方箋を持って来局される患者さんだけでなく、薬局外の地域住民の方に対して恩恵をもたらすためには、既存の考え方だけでは目標を達成することは困難と考えます。たとえば、患者さんの待ち時間や、お薬を間違いなく正確にお渡しすることは常に考えなければなりませんが、それだけでは病院に行っていない地域の住民の方には何もできないことになってしまいます。

大切なのは日常的に語り合える環境

それでは、どのようなことを行ったら、患者さんだけでなく地域の住民の方にも、調剤薬局が恩恵をもたらせるのか。このことを達成するにあたり、患者さんと地域の住民の方にどのようなことを行えばよいかの基礎となるアイデアが必要になってきます。

アイデアを生みだすためには、まずは人材の育成が肝要となります。既存の調剤薬局の業務を理解しつつ、更なる高みを目指す人材ということになります。このような人材には広い視野と広い知見を持つことが要求されます。また大前提として、患者さんと地域住民の方に寄り添う姿勢が不可欠となります。このための教育が重要となりますが、ほかには学ぶ環境の整備も必要となってきます。

ポプラ薬局は6店舗と小規模です。ほかの大規模調剤薬局チェーン店と比較すると、規模では見劣りしてしまうかもしれません。しかし、小粒でパワフルな人材がそろっています。このことは、「日頃からアイデアの種について語り合い、相談できる仲間」がポプラには多数存在することを意味します。この仲間には、未来の調剤薬局についてのアイデア=企画を実現に向けて一緒に考えてくれる先輩もいます。

地域住民にとって必要な薬局を目指して

未来の調剤薬局においては、患者さんや地域住民の方に恩恵をもたらせる職種は「薬剤師」だけでは無いのです。ポプラ薬局には「医療事務」「栄養士」もおります。自分の担当している業務を通じて、すべての職種が恩恵をもたらせるようにステップアップすることが必要です。つまり、社内の三つの職種が一丸となって「社内の他職種連携」を行い共に切磋琢磨を行うことが重要になります。

職種は違えど、「患者さんと地域住民の方のために」という意識は共通しています。職種を問わず、患者さんと地域住民の方のためにアイデアを出し合い、アイデアを実現し働くことのできる環境が、ポプラにはあります。

お問い合わせ・エントリー・資料請求