産休・育休

ポプラ薬局には、出産・育児休暇を経て仕事に復帰し、働いている女性がいます。仕事と出産・育児を両立させるためのサポート制度が整っていますので、育児休暇を取得した全ての社員が復職し、職場で活躍しています。女性が多い職場だからこそ、産休・育休に理解のある職場づくりを行っています。

  • 出産前後や休み中は、職場の方々が気にかけてくれて、とても感謝しています。医療事務

  • 薬の飲ませ方や看護のアドバイスも、より実感の伴ったものになりました。薬剤師

  • 復帰した後も勤務時間の調整など配慮してもらい、とても助かっています。薬剤師

※産休
いわゆる「産休」と呼ばれるものは、産前休業と産後休業のことを指します。
会社に請求することで、誰でも出産予定日の6週間前(双子以上は14週間前)から、出産後8週間のまで取得できます。
出産後8週間は就業することが出来ませんが、6週間を過ぎた後、本人の申し出があり医師が認めた場合は、就業することが出来ます。

※育休
育休とは、育児休業のことを指し、定められた要件を満たした方が取得できます。(1年以上雇用されている・育休後も雇用される見込みがある等)
休業開始日の1か月前までに会社に申請をし、子どもが1歳の誕生日を迎える前日まで取得できます。
また、託児所等の預け先がない場合は、最大2歳の誕生日の前日まで延長することが出来ます。その場合は、育休終了予定日の1か月前までに、会社への申し出が必要です。

ポプラ薬局の育休について

黒川愛奈さん

子供ができ、育休を取ろうと考えたときは、職場のことや復帰後のことが頭に浮かび、少し不安な気持ちもありました。しかし、先輩や上司、職場の方たちが快く協力してくれたこともあり、出産予定日の約1か月前まで働くことが出来ました。

出産後は、約1年ほど、育休を取得しました。その間は、「こんなに休んでいて、ちゃんと仕事に戻れるのか」という心配な気持ちはありましたが、初めての出産・育児だったこともあり、まずはしっかり家庭に専念しようと決意し、過ごしていました。

育休後、職場に復帰してから初めの2か月は、時短勤務に変更してもらいました。1年のブランクと、仕事と家庭の両立で不安な気持ちもあったので、時短勤務の間は気持ちに余裕を持ちながら仕事をすることが出来ました。
3か月目からフルタイム勤務になりました。保育園に通い始めのころは子供も体調不良でお休みしなければいけない時が多かったのですが、少しずつ、毎日元気に通えるようになりました。とは言っても、今でも急に体調不良でお休みになることはあります。しかし、職場の方々も、小さな子供がいることを考慮し、急なお休みであっても快くサポートしてくれるので、とても助かっています。

育休前と育休後、仕事への気持ちは少し変わりました。特に、薬局へ来る妊婦さんや小さな子供、その親御さんなどに目が行くようになりました。どうしたら快適にお待ち頂けるか、ということを考えるようになり、少しの親切でも何かできることはないかと思えるようになりました。
それ以外にも、決められた仕事・具体的な作業には出来るだけすぐに取り掛かるようになりました。以前は、急ぎでない仕事を後回しにしてしまうことが多かったのですが、仕事と家庭の両立のなかで、時間は有限だという意識が生まれ、テキパキ取り掛かるよう意識して行動するようになりました。

仕事と家庭の両立はとても大変だと毎日感じています。しかし、その両方に自分の居場所があることは、とても嬉しく感じていますし、頑張るモチベーションになっています。

お問い合わせ・エントリー・資料請求