在宅を行っているスタッフにインタビューしました

更新

ポプラ薬局苫小牧店では、在宅医療を行っております。
患者様のお宅を訪問した薬剤師と管理栄養士に、インタビューしました。

 私がご自宅に伺ったとき、患者さんは食生活の偏りにより筋力の低下が見受けられました。そこで、食事の面からも患者さんをサポート出来ないかと思い、管理栄養士にお願いし、現在は一緒に患者さんのもとへ訪問しています。患者さんは、私をポプラの薬剤師としてだけでなく、一人の人間として様々な問いかけをしてくださいます。薬局のカウンターよりも近い距離で患者さんとお話できるので、普段よりも時間をかけて、患者さんの悩みを聞かせてもらえますし、何より「いつも相談に乗ってくれてありがとう」と言葉をかけていただくと胸がいっぱいになります。今後も在宅のご要望があれば、率先して行いたいです。(薬剤師)

在宅 薬剤師からの依頼を受けて、患者さんのお宅へ訪問しています。筋力の低下が見受けられると聞き、まずは食事量のアップが必要だと、栄養相談を行って感じました。しかし、食事を食べられない、食べたくない人への栄養相談はとても難しいです。在宅では自分で作ったレシピを紹介したり、栄養補助食品の試食を一緒に行いました。また、患者さんの1日の食事から栄養摂取量を計算して、食事のアドバイスも行っています。じっくりと患者さんのお話を聞くことができる点が、在宅の魅力です。患者さんの過去の経験や、現在の体調、気持ちなどを考慮し、栄養相談を行っています。(管理栄養士)