在宅栄養相談

店舗内での栄養相談のほかに、希望に沿ってご自宅での栄養相談もおこなっています。
また、在宅医療を受けている患者さんに、薬剤師と同行し栄養相談をおこなうこともあります。

調理実習の企画

調理に関するアドバイスを、より実践的に患者さんにお伝えし、料理や食事を楽しいと思ってもらうことを目的に行っています。低栄養の患者さんに対して、エネルギー量をアップさせるための具体的な方法をお伝えしたり、糖尿の患者さんに対して、一食の食材の目安量を、実物を用いてお伝えしたりできています。患者さんのお宅にある食材・調味料を使用し、また体調も考慮しながら行います。

栄養補助食品の提案

患者さんの食事状況などから、栄養補助食品をお勧めすることもあります。数多くある栄養補助食品の中からどれを選択するか、管理栄養士同士で試食・試飲の機会を設け、味や栄養成分、購入のしやすさなどをまとめ、患者さんに合った商品は何か、熟慮して提案します。

ケアマネージャーとの連携

栄養相談は、食事の内容だけに留まりません。栄養相談開始後も相談内容と解決案は、医師やケアマネージャーに報告共有しています。時には「食べたくない」、「食欲がない」という原因がどこから来ているのかを考えることも行っています。噛合わせが悪いなど、管理栄養士だけでは解決できない問題については、ケアマネージャーを通して他職種の方と連携する事も行っています。

患者さんの声

患者さんの声
食欲はあまりないが、栄養士さんが心配してくれるので、頑張って食べるようにする
患者さんの声
栄養士さんのおかげで、食べられるものが増えてきて、食事のレパートリーも増えた
患者さんの声
普段はあまり人が来ないので、栄養士さんが来てくれると孫が来てくれたみたいで嬉しい

訪問当初は「何も食べたくない」と言っていた方でも、回数を重ねるごとに食への関心が高まり、食事摂取量が増えた事や、訪問日を楽しみに待ってくれていると栄養士としてやりがいを感じます。

お問い合わせ・エントリー・資料請求