栄養相談

管理栄養士業務の主な内容のひとつは栄養相談です。
患者さんから、食事について聞きたいということがあれば随時相談を行っています。
また、より深い相談を希望される方に対しては日時を決め、ゆっくりお話しさせていただいており、食事や、生活についてなど患者さんのライフスタイルを細かく聞き取ってより良い食生活の提案をしています。

件数が増えています!その理由

ポスター掲示・声かけ

ポプラ薬局で平成28年4月から栄養相談を開始し、実施件数は大きく伸びています。
薬局内では、ポスターを掲示したり、それらを見ている患者さんへの声掛けをおこなっています。

店舗スタッフの協力

薬剤師が服薬指導をしている最中、患者さんから食事のことでちょっとした質問を受けることがよくあります。小さな疑問に対しても、食の専門家である私たち管理栄養士がいることを患者さんに説明して、よりよいアドバイスができるようにバトンタッチしてくれます。店舗のスタッフも、管理栄養士が活動しやすいように協力して患者さんのサポートを行っています。

薬剤師からのバトンタッチの際は、服用しているお薬だけではなく、疾病の状態やアレルギー、減塩・たんぱく制限など栄養面で改善が必要とされることについて教えてくれます。長く通院されている方では、薬剤師が患者さんの生活状況について把握している事も多く、患者さんの状態をある程度把握した上で栄養相談に臨むことができます。また、管理栄養士からの依頼が無くても、薬剤師が自ら「次回の栄養相談のときに、食事の記録を持ってきてください」と伝えたり、栄養相談を行いやすい環境です。

他職種とのかかわり

地域へ貢献するために、これからは薬局外での栄養相談もおこなっていきたいと考えています。その際に重要となるのが、地域の他職種との連携です。
連携を深めていくためには、薬局の管理栄養士がどのような事を担えるのかを知って頂く必要があります。まだまだ、薬局の管理栄養士について認知度は高くはありません。そこで、他職種連絡会に参加して、私たち管理栄養士ができる事をお話したり、他職種の方々から専門知識を教えて頂いたりたくさんのことを学んでいます。
実際に会ってお話することで顔の見える関係となり、連絡を取りやすくなると感じています。
このような会への参加を通し、他職種の方からポプラでの栄養相談を患者さんにご提案していただいたケースもあります。
地域の患者さんに対して直接ではなく、間接的にも認知を広げていくことのできる機会にもなっています。

薬局栄養相談のいいところ

薬局の管理栄養士は

  • 患者さんが聞きたい時に、聞きたいだけ時間を割くことができます。時間をかけてじっくりお話するために、予約も受け付けており栄養相談のためだけに来局する方もいらっしゃいます。患者さんに生活状況などを細かく聞き取り、きめ細かい栄養相談を行うことができています。
  • 処方せん調剤のついでに気軽に相談することができます。家族の診察に付き添いで、来局された際にも、管理栄養士に声をかけてくださる方もおり、患者さんとの信頼関係を築けていると実感します。
    食事の事で、普段気になっている事を、気軽に相談できる環境を構築していきたいと思っています。

栄養相談事例紹介

患者さんの声
Aさん
たんぱく質制限・塩分制限と聞いて、ほとんど野菜しか食べられなくなってしまいました…
管理栄養士より
管理栄養士
たんぱく質制限=肉を食べてはいけない、ということではないということを説明し、Aさんの場合の、おかずの目安表をお渡ししました。塩分制限も、ポイントを押さえればおいしく減塩できるとお話ししました。
患者さんの声
Bさん
最近夫の体重が減ってきていて心配…
管理栄養士より
管理栄養士
食欲はあり、咀嚼・嚥下に関しても問題ないようでした。食事内容を聞きとった限りでは、野菜・たんぱく質はよく食べていましたが、主食・脂質の量が少ないようでした。必要エネルギー量を算出し、ごはんをもう少し増やす必要があると説明しました。おかずも、和え物に少量のオリーブオイルやごま油を混ぜる・片栗粉をまぶして炒めるなど、調理方法の工夫で摂取エネルギーをアップしてもらえるようアドバイスしました。食事の量を増やすことが難しい場合は、栄養補助食品でのエネルギー補給を提案しました。
患者さんの声
Cさん
食事に気をつけているけれど、腎障害の食事制限があるから毎日同じような献立になってしまいます…
管理栄養士より
管理栄養士
一つの食材に対して、複数のレシピをお渡ししました。前回の栄養相談で食事内容などについて詳しくお話していたため、患者さんの好みから大きくずれることなく、様々な調理方法や食材の組み合わせを提案しました。
患者さんの声
Dさん
コレステロールが上がっちゃった!食事はどうしたらいいの?
管理栄養士より
管理栄養士
コレステロール値が上がりやすい食事内容についてお話し、自分の食事で該当するところはあるかを聞き取りました。
患者さんの声
Eさん
貧血の薬を飲んでいるけど、食事から気をつけたい!
管理栄養士より
管理栄養士
鉄分の多い食品について説明、食べ合わせとしてビタミンCを一緒に摂ることを提案しました。家で調理をよくしていて、献立は自分で考えることが出来るという方だったので、レシピはお渡しせず、食材についてしっかり説明しました。
患者さんの声
Fさん
一人暮らしだから、買ってきた食材が余っちゃう
管理栄養士より
管理栄養士
よく使う食材、調味料を聞き取り、食材をきっちり使い切ることができる数日分の献立を作成し、お渡ししました。また、調味料も少量サイズのものが市販されているものを紹介しました。

患者さんの声

患者さんの声
気になっていたことが聞けてすっきりしました。
患者さんの声
下痢で悩んでいたけど、よくなりました。感謝しています!
患者さんの声
HbA1cが改善してきたよ!
患者さんの声
実際に食べ方をどう変えればいいかがわかりました。
患者さんの声
栄養相談のあと、コレステロールの数値が下がった!
患者さんの声
教えてもらったとおり食事に気をつけていたら、カリウムとリンの検査値良くなったねと医師に言われました。
患者さんの声
塩分の表をもらって、減塩するのに毎日使っています!
患者さんの声
お薬が減りました!
患者さんの声
立ててもらった献立を使っています!料理のバリエーションが増えました!

患者さんの声栄養相談を通して、患者さんの食生活がより良いものになり食事に対する意識が変わったと実感できることが多くあります。検査値やお薬の処方内容に効果が出た時には、患者さんのやる気が増します。そのような姿が管理栄養士としてもやりがいになっています。結果が出なかった時も、実践してきたことを、一緒に振返り、次回に向けての食生活を一緒に考えています。 経過を見ながら定期的な栄養相談を行ったり、食事についてワンポイントアドバイスを行ったり、患者さんのご要望に合わせて柔軟に対応しています。

「薬歴」への記録

栄養相談を実施した後は「薬歴」に記録を残し、薬剤師と情報共有を行っています。
それにより、薬剤師も以前の栄養相談の内容を把握し、次の服薬指導に生かすことができています。管理栄養士も処方内容と一緒に過去の栄養相談の記録が確認できるので、処方せんを持ってきた際にこちらからお話に伺うことが出来ます。

「薬歴」とは?:簡単に言うと病院のカルテのようなものです。薬剤師がお薬をお渡しする際の服薬指導の内容や、患者さんのアレルギー等の体質が記録されている記録簿です。

資料の作成

アルコールを飲む方、運動習慣がある方、嚥下が困難な方、患者さんによって指導内容は大きく変わっていきます。例えば同じ糖尿病でも、患者さんの食生活や身体状況により指導内容は変わるので、同一のパンフレットではまかないきれません。既成のものを使用することもありますが、自作の資料を使用すると話の進めやすさも違いますし、掲載してあること以上のお話をすることが出来ます。

ポプラでの栄養相談はまだ始まったばかりです。患者さんにぴったりの栄養に関する資料を作成することで、より患者さんが実践しやすいアドバイスができると思います。資料作成を通して、管理栄養士自身も知識を補うために勉強を重ねており、アウトプットすることでさらなる学びにもつながっています。そしてそれを次の別の方の栄養相談に生かすこともできています。

お問い合わせ・エントリー・資料請求

お問い合わせ・エントリー・資料請求