栄養士だからできる地域貢献

管理栄養士も地域の健康サポート

ポプラ薬局では、「患者のための薬局ビジョン(厚生労働省)」に記載されている将来の薬局のあるべき姿を考え、地域に貢献する事を第一に活動を行っています。このことを実現するために、薬局内だけではなく、地域住民の方に対して働きかけ、行動していく必要があります。

管理栄養士は、「食育」を通じて、地域住民の方の健康な状態を維持・向上することに寄与できます。それが疾病予防となり、一次予防に寄与することに繋がります。

ポプラ薬局の管理栄養士は、保険調剤薬局の使命である、地域住民の公衆衛生の向上に大きく寄与する事ができます。

みんながしている「食事」が専門だから、だれとでもかかわれる

管理栄養士として薬局で勤務する前は、薬局というのは、健康を崩して薬による治療が必要な人のための場所という認識を持っていました。しかし、実際には、薬剤師は処方箋どおりに調剤するだけではなく、患者さんの服用状況や体調などを細かく聞き取って確認しており、患者さんの健康や地域貢献への意識の高さに驚かされました。

ところが、薬局は、健康な人でも健康について「専門家」と気軽に話せる場所であるという認識はなかなか広まっていません。言い換えると、健康についての相談を薬局や薬剤師に相談しようというとは思い浮かばないのが現状です。

そこで、今までの薬局に対するイメージを払拭するために、私たち管理栄養士がお役に立てるところがあるのではないでしょうか。ポプラ薬局で行っている栄養相談を見ると、薬剤師・管理栄養士のそれぞれが、患者さんにお声掛けをしていくことで相談件数が増えています。

全員が毎日おこなっている「食事」だから、「食事」の専門家である管理栄養士が、地域の方々の健康維持に密接に関わる事が出来ます。薬局の管理栄養士は、地域と薬局をつなぐ存在になることが出来ると考えています。

お問い合わせ・エントリー・資料請求