栄養士 Fさん

更新

栄養士 Fさん

信頼を得て、身近な存在の栄養士になる。

栄養士 Fさん
東室蘭店 2017年入社 札幌市出身

栄養士を目指したきっかけ

— なぜ、栄養士になろうと思ったのですか?

自分自身食べることが大好きなので、小学生のころから食に関する仕事に就きたいと思っていました。ケーキ作りやパン作りが好きだったので、高校生くらいまでパティシエを目指そうと考えていました。しかし次第に、お菓子作りの技術を学ぶよりも、含まれている栄養素や成分について知りたい、勉強していきたいと思うようになり、栄養学科に進むことを決めました。大学の授業では、毎日食べる食事で、健康にも不健康にもなる可能性があるということを学び、栄養士になりたいという思いはさらに強くなりましたね。栄養士は身近な「食」から、疾病を持つ人や健康な人など関係なく、多くの人をサポートし役立つことが出来ると実感しました。

就職活動

— 就職活動はどのようにしていましたか?

もともとは病院勤務を志望していて、大学の掲示板で興味のあるところについて調べ、情報を得ていました。また、企業説明会や店舗見学に参加し、どのような職場か自分で見て聞くようにしていました。また、自己分析の回数を重ね、自分自身を何度も見つめなおすことで、自分には何があっているか、何をしたいかなどを具体的にしていきました。

ポプラ薬局との出会い

— ポプラ薬局との出会いは?

ポプラ薬局は、大学の掲示板にあった会社説明会のポスターを見て、そこで初めて知りました。「薬局の栄養士」は珍しく、どのような仕事内容なのか知りたいと興味を持ち、説明会への参加を決めました。

— ポプラ薬局に就職しようと決めた理由は何ですか?

就職活動の一環で、市の保健センターを見学で訪れた際、病院ではあまり関わることの少ない健康な方に対する栄養活動というものに惹かれました。もちろん疾病のある方への栄養指導にも興味はあったので、薬局ではどちらもできるというのがとても魅力的でした。私は新しいことを考えていくことが好きだったので、「ポプラ薬局の栄養士活動は自分たちで創っていくことが出来る」という話を聞き、やりたいことをどんどん提案できる環境が自分と合っていて、この職場で働きたいと強く思いました。

また、会社説明会に来てくれた先輩の話し方もとても親しみやすく、実際に見学に行った際に対応してくれた先輩方もとても親切で、人間関係も素敵だなと感じたことも理由のひとつです。

現在の私

— 実際に就職してみた感想は?

北山さん入社前に感じた社員の皆さんの雰囲気の良さは働いてみてからも変わらず、話しやすく相談しやすい環境の中仕事ができています。そのため不安や悩みがあっても一人で悩まず、解決するにはどうしたら良いか相談していますし、また一緒に考えてくれるので、とても働きやすい職場だと実感しています。

栄養士活動では徐々に栄養相談の件数が増えていることや、自分のやりたいと思ったことを企画・実現できているということに対し、とてもやりがいを感じています。患者さんから、ありがとう、会えるのが楽しみ、数値が改善してきて薬が減ってうれしい、心強いなどの言葉をかけてもらうことも多く、栄養士として人の役に立てていることに嬉しさとやりがいを感じ、栄養士になってよかったと改めて感じています。

— 働いていて難しいと思うことは何ですか?

ポプラ薬局の栄養士は医療事務業務もおこなっていますが、初心者でわからないことも多く、戸惑ってしまうこともあります。しかし、上司や先輩がしっかりとわかるまで教えてくれる環境があるので、ありがたく思っています。

栄養士活動では、薬局栄養士の認知度を上げるために何をしたらよいか日々考え実施しています。徐々に上がってきてはいますが、さらに上げていくには、どうしたら良いか悩むこともあります。悩んだ時は、薬剤師や事務スタッフも一緒に考えてくれ、栄養士の視点以外の面からアドバイスをいただけるので、今後につなげていきたいです。

— ポプラ薬局の好きなところを教えてください

職種関係なくサポートしあえる環境があるところです。薬局には複数の職種がありますが、自分の職種以外でも困っていれば支えあう、という意識を皆さんがもっており、そのような環境の中で働くことが出来ています。

また勤務終了後にも食事に行くなど普段から交流を深め、仲がいいというところもポプラ薬局の好きなところの1つです。プライベートを仕事に持ち込むことはありませんが、そういった点も何かあった際にすぐに相談することができたり、意見を言うことができたりする環境を作っている要素だと思います。

目指す栄養士の姿

— 目指す栄養士の姿とは?

信頼のある栄養士を目指しています。この人になら相談したい、と思ってもらうにはまず信頼感を得ることが1番だと思います。「知識をしっかりと身につけ自信を持つ。そして患者さんの気持ちを第一に、相手に寄り添った指導を行う」ということを心がけていきたいです。信頼感を得ることで、栄養や食事に関して本音を言ってもらうことができ、指導もより患者さんに合った、的確な指導ができると考えます。また、栄養に関してのみでなく、普段抱えている悩みや不安などの相談もしてもらえるような存在になり、食だけでなく気持ちの面からもサポートできるような栄養士になりたいと強く感じています。

学生さんへのメッセージ

北山さん自分のしたいことは何か、自分は何が好きかよく考えてみてください。学生時代は、興味のあることはまずやってみる、行ってみたいところは行くなど後悔の無いように過ごして下さい。多くの経験をし、多くの人と出会うことで、自分の中の考えが大きく広がります。人との出会いも大切に過ごしてください。

職場を選ぶときは、自分が納得するまで調べて、さらに実際に見て聞いて感じてほしいと思います。やりたいことや自分の力が発揮できると思えるところを選んでくださいね。