久松さん

更新

久松さん

目指すは調剤だけでは終わらない、
一歩進んだ薬剤師です。

久松さん
苫小牧店 2017年入社 札幌市出身

薬剤師を目指したきっかけ

— なぜ、薬剤師になろうと思ったのですか?

高校生の時に元々理系科目が得意であったこと、手に職をつけて自分の力で生きていける人間になりたいと思ったことが薬剤師目指すきっかけでした。正直なところ、薬学系の大学に行くことに決めた高校2年生の時は薬剤師がどんな仕事なのか明確に理解していませんでした。しかし、大学在学中に薬剤師が今後の医療の業界で様々な可能性を秘めているということを日々の授業や実務実習を通して学び、薬剤師の資格を必ず取得しようという決心に繋がりました。

就職活動

— 就職活動はどのようにしていましたか?

大学4年生から学内の就職相談会に参加し、元々調剤薬局志望だったので調剤薬局に絞って様々な会社の話を積極的に聞きに行きました。興味がある会社に対しては、個人的に申込みをし、実際に見学にも行きました。

ポプラ薬局との出会い

— ポプラ薬局との出会いは?

ポプラ薬局を知ったのは、5年生の時の学内就職相談会がきっかけでした。他の企業は説明会に来た学生に対して最初に自社の説明を行っています。しかしポプラ薬局は自社の説明をするのではなく、1番最初に「薬剤師になったらどんなことをやりたい?」と問いかけてくれました。私にとってはこの問いかけに驚いたのと同時に、「この会社で薬剤師として働くことができたら、自分のやりたいことを見つけ、実行できるかもしれない」と直感しました。説明会後、何度かコンタクトを取らせていただき、ポプラ薬局のほとんどの店舗を見学しました。説明会で感じた直感と店舗で働く皆さんの目の輝きやハツラツとした雰囲気に心惹かれ、「この会社で働きたい」と即決しました。

現在の私

— 実際に就職してみた感想は?

久松さん毎日の現場業務で薬剤師としてのスキルを磨くとともに、社内で行われる外部講師の方による勉強会に参加することで社会人として成長できるような知識を身に着けることができています。「薬剤師」に偏りすぎず、人として成長できる体制の中で働けることが自分自身の成長につながっています。

— 働いていて難しいと思うこと

職場の方や患者さん、会社外部の方など様々な人との関わりがある職業なので、意思の疎通がうまくいかないこともあります。適切な言葉選びや接遇などは今後さらに磨いていかなければならない課題の一つです。

— ポプラ薬局の好きなところは?

1つ目は社員全員が十人十色でそれぞれの個性が強く、自分では考えられないような新しい発想を持った方がたくさんいるので様々な考え方を学べることです。2つ目は薬剤師としての現場業務以外に社内で行われる勉強会が充実しているので、一社会人として成長できることです。

目指す薬剤師の姿

— 目指す薬剤師の姿を教えてください

調剤するだけの薬剤師ではなく、人として患者さんと正面に向き合い患者さんと一緒に考えることのできる薬剤師になりたいですね。また、現場の薬剤師としての視点だけではなく、様々な方向から考え最善の方法を見つけ、発信することのできるようなスキルをもてるようになりたいです。

学生さんへのメッセージ

— 最後に、これから薬剤師になる学生さんへメッセージをお願いします

久松さん学生の皆さんこんにちは。薬剤師として働き始めると学生時代と比べて「責任」というものを背負うことになりますが、同時に人から感謝をされたり、仕事を任されると「やりがい」を持てるようにもなります。苦しいことや辛いこと以上に楽しいこと、嬉しいことがたくさん溢れているので、みなさんには未来は明るいものだと思って日々の学生生活を送っていただきたいです。ぜひ、みなさんには薬剤師として社会に出るスタートラインに立ってほしいです!お待ちしています!