高橋さん

更新

高橋さん

わたしの大好きな食事から、地域の方の健康をサポート

高橋さん
東室蘭店 2017年入社 札幌市出身

栄養士を目指したきっかけ

— なぜ、栄養士になろうと思ったのですか?

高校生の頃から毎日自分でお弁当を作るようになり、料理が楽しいと思ったこと、食べることが大好きであったことがきっかけです。高校生の時、大学の進路を決めるにあたって、将来の職業について考え始めました。4年生の大学への進学、自分の好きなことを仕事にしたい、人の役に立てる仕事がしたいと小さい頃から思っていたこともあり、管理栄養士を目指すことを決めました。

就職活動

— 就職活動はどのようにしていましたか?

自分の今までの経験を通して、どんな管理栄養士になりたいか、どんな仕事をやりたいかを具体的に考えたのは、大学3年生の時でした。疾患の有無や年齢に関わらず、地域で暮らす人たちのために、栄養士として役に立ちたいと考えました。そして、地域で暮らす人たちが栄養士に気軽に相談できる環境で働きたいと思うようになりました。

3年生の後期から、食品企業や医薬品卸など色々な業種のインターンシップに参加したり、道内外問わず、気になった企業にはサイトから会社見学を申し込むなど、自分のやりたいことの実現できる職場を探し、積極的に就職活動を行いました。

ポプラ薬局との出会い

— ポプラ薬局との出会いは?

栄養士の職域について自分で調べたり、大学の講義を聴いたりしながら、自分の目指している「気軽に会いに行ける栄養士」を実現できる環境を探していました。その中で、薬局栄養士はさまざまな方を対象とした栄養相談、レシピ作成、講演活動などたくさんの活動をおこなっており、とても魅力に感じました。既成概念にとらわれず、栄養士の知識を幅広く活かした活動をしていきたいという私の考えと、共通点のある職場だと感じ、調剤薬局で働く栄養士になることを決めました。
大学の就職相談室の先生にそのことを相談し、そこで初めてポプラ薬局を知りました。
その後は、自分でホームページから直接採用担当の方へメールをし、会社見学の依頼をしました。

— ポプラ薬局に就職しようと決めた理由は何ですか?

私が就職活動を行っていた時は、ポプラ薬局で栄養士採用を始めて1年目の年でした。会社見学に行った時は、まだ、栄養士が入って3ヶ月というタイミングではありましたが、他職種の先輩方のサポートのもと、レシピ作成や資料作成などを行い、着実に栄養士業務を確立し、自分たちの目標に向かって進んでいました。また、見学の時に対応して下さった先輩方の対応や、社内の雰囲気を目で見て感じ、この会社で、他職種と協力しながら、地域の人のために働く栄養士になりたいと思い、ポプラ薬局に就職を決めました。

現在の私

— 実際に就職してみた感想は?

写真:高橋さんポプラ薬局の栄養士は、栄養士業務だけでなく、医療事務の仕事も行っています。医療事務については、初めて学ぶ分野ですが、先輩に1から丁寧に教えて頂けるので、安心して働くことができています。また、栄養士業務は、まだまだ発展途中ではありますが、医療事務・薬剤師のご協力を頂きながら、少しずつ仕事の幅を広げることができています。新しいことへのチャレンジは多くの課題がありますが、ポプラだからこそ、栄養士業務ができているのだと実感しています。

— 働いていて難しいと思うことは何ですか?

医療事務業務を覚えることがとても難しいと感じています。1年目はとくに、何も分からない状態からのスタートでした。しかし、先輩方に丁寧に教えて頂くことができ、少しずつ日常業務をこなせるようになってきました。接客対応で、受付などを通して患者さんと関わる機会が多くあるので、顔見知りになり、栄養相談でスムーズに話に入れることも多くあります。

また、徐々に医療事務の仕事にも慣れてきて、周りや全体像が少しずつ見えるようになり、2年目の今では、保険請求や薬に関する知識を学べることなど、仕事のおもしろさや、やりがいも感じています。

— ポプラ薬局の好きなところを教えてください

高橋さんとにかく、社内の雰囲気がいいところです。社員全員が患者さんのための仕事をするということを常に念頭において、働いています。どんな状況でも、まずは患者さんを第一に考えて、皆が仕事をしています。また、話をしっかり聞いてくれる先輩たちがいることもポプラの魅力だと思います。1年目の新人の意見も真剣に聞いていただき、なにか困ったことがあってもすぐに相談でき、入社時からとても働きやすい環境だと感じていました。

目指す栄養士の姿

— 目指す栄養士の姿とは?

地域で暮らす人たちが困ったとき、相談する場所として薬局がまず思い浮かぶようになるのが理想です。処方箋が無くても、「高橋さん、ちょっと食事について聞きたいんだけど」と気軽に話ができる環境を当たり前にしていきたいです。

そのためにも、薬局に栄養士がいるということを地域の方たちに知ってもらえるよう、栄養相談をはじめ、栄養士活動に精力的に行っていきたいと思います。そして、栄養士として、疾患の有無や年齢に関わらず、地域で暮らす人の健康をサポートできるような栄養士になりたいです。

— 学生さんへのメッセージ

写真:高橋さん栄養士は、様々な職域があります。自分が将来どんな栄養士になり、どんな仕事をしたいのかをなるべく早めに考え、就職活動をスタートできるよう準備をしておいた方がよいと思います。

また、授業や実習だけでなく、アルバイトやサークル、趣味など色んなことを時間のある学生のうちに経験をして欲しいと思います。学生のうちにしかできない楽しい思いをたくさんすることも大切ですし、社会人になってからその経験が必ず生きてきます。みなさんには、学生のうちにしかできないことを目いっぱい経験して欲しいです。