薬剤師 Jさん

更新

薬剤師 Jさん

ポプラに入ったことでやりたいことも見つかり、任されることもどんどん増え、今では大きなやりがいを感じています。

薬剤師 Jさん
苫小牧店 2014年入社 苫小牧市出身

ポプラ薬局との出会い

— ポプラ薬局に就職しようと決めた理由は何ですか?

私の中で、薬局は薬剤師の教育に特化しているイメージがありました。しかし、ホームページを見ると、ポプラには薬剤師だけではなく、医療事務にもしっかりとした教育制度があり、活躍の場があることが分かりました。また、頑張った分しっかり評価してくれるという点も魅力的でした。
面接当日、薬局に入るとピーク時だったのか待合室が混雑していました。その時、戸惑っている私に、受付の方から優しく声を掛けて頂き、丁寧に案内してくれました。面接の時も、採用担当の方に明るく話しかけてもらい、とてもリラックスして面接を受けることができました。直接店舗を訪れなければわからないポプラの和やかな雰囲気に惹かれました。最終面接の際には、時間をかけて色々な話を聞き、社員一人一人を大切にしている会社だと知り、更にここで働きたいと感じました。

現在の私

— 実際に就職してみた感想は?

勤める以前は、薬局には風邪を引いた人しか来ないというイメージを持っていたので、待合室が混雑していることにとても驚きました。実際には定期的にお薬をもらう為に通っている方が大半で、混雑時はひっきりなしに患者さんが来局されるため大変でした。ですが、専属の先輩が困ったときはいつでもサポートしてくれるので、大きな安心感がありました。また、専属の先輩でなくとも、私が不慣れな接客で分からないことだらけでも、必ず誰かがフォローしてくれました。

— 働いていて難しいと思うことはありますか?

医療事務の主となる保険入力の仕事は、患者さんから処方箋を受け取り、その内容を専用のソフトを使ってパソコンに入力します。その後、お薬の説明書などを発行し、薬剤師が確認した上で患者さんにお渡しします。この時に処方箋の内容を間違って入力すると、処方箋と異なる飲み方を患者さんに伝えてしまうことに繋がります。私は患者さんに直接お薬をお渡しすることはありませんが、患者さんの命に関わる仕事をしているという責任感は、薬剤師の皆さんと変わりません。間違いやすい箇所はスタッフで共有したり、入力するときは先に確認したりと、どのようにミスをなくすか日々模索しています。

— ポプラ薬局の好きなところを教えて下さい

写真:高橋さん何よりも職場の雰囲気がとても良いところです。薬局は薬剤師と事務の格差が激しいところだと思っていましたが、入社してみると全くそんなことはなく、皆伸び伸びと仕事が出来ています。社員同士で食事に行くこともよくあり、仕事の話から全く関係ない話まで色々な話をしますね。ポプラには個性的で面白い方が沢山いるのだと感じました。
この仲の良さは仕事に良い影響を与えています。お互いに意見を言い易くなりますし、仕事も分担しやすいです。業務を円滑に進めやすくなりますね。

もう一つは、会社全体でポプラ薬局をより良いものにしていこうという意識が、とても高いところです。どんな細かな意見や要望も聞き、検討してくれます。業務に慣れてくると、新人さんにしか分からないやりにくさ、考えがあったりすると思います。そういった意見も積極的に聞き、取り入れるようにしています。

— 仕事のやりがい、頑張っていることを教えて下さい

初めは、仕事を一つ一つ覚えていくことに必死で、何故この作業が必要なのか、これは必要な作業なのか何も分からず、ひたすらメモの通りにやっているだけでした。しかし仕事に慣れてくると、少しずつそれらのつながりが見え、理解できることが増えていきます。一人で仕事が出来るようになると本当に嬉しく、楽しくなってきます。仕事が楽しくなるなんて想像も出来ませんでしたが、成長してくると本当に楽しくなってくるのです。こうしたら良いのではという意見を述べ、それが反映され業務がやりやすくなった時の達成感は素晴らしいですね。勤務年数や職種関係なしに誰でも活躍することができる場が沢山あります。

基本中の基本である、患者さんへの挨拶、対応は入社時と変わらず声を張って丁寧にするよう心がけています。「元気でいいね!」と患者さんや社員から褒められることもあります。嬉しいですね!

学生さんへのメッセージ

— 最後に、これから就職活動を行う学生さんへメッセージをお願いします

写真:高橋さんポプラは薬局業務に留まらず、求人活動など、やる気さえあれば様々な分野に挑戦できます。私もポプラに入ったことでやりたいことも見つかり、任されることもどんどん増え、今では大きなやりがいを感じています。皆さん様々な思いで就活に臨んでいると思いますが、自分にとってベスト、もしくはそれに近い選択ができるよう頑張って下さい。後は、残りわずかの学生生活を思いっきり楽しんでください。