医療事務 Kさん

更新

医療事務 Kさん

会社を作っているのは「人」だと思いますし、
「人」が良い環境でなければ、
長く仕事をしていくことは難しいと思います。

医療事務 Kさん
東室蘭店 2012年入社 函館市出身

就職活動

— 就職活動はどのようにしていましたか?

人の役に立っていることが実感できる仕事に就きたいという強い思いがありました。就活イベントには可能な限り朝から参加して、興味の有無や業界業種に関わらず、一日中ブースを回っていました。魅力を感じた企業の多くは、説明をしている社員の方が、イキイキと自分の活動や会社のことを語っている企業でした。私も仕事にやりがいを感じ、社員を大切に思っている企業に勤めたいと考えるようになりました。

ポプラ薬局との出会い

— ポプラ薬局に就職しようと決めた理由は何ですか?

写真:Kさん単独説明会のとき、「人には向き不向きがある。自分の苦手なことを無理矢理するのではなく、それぞれの得意分野を活かして、協力して目標に向かっていけばいい」という話を聞きました。

合同説明会や単独説明会で話を聞くなかで、社員を大切にしている会社だという印象は強く感じましたし、自分もこの会社で自分の出来ることや得意なことを活かして、患者さんの為に仕事をしたいと思い入社を決めました。

現在の私

— 実際に就職してみた感想は?

単独説明会の際に感じた、社員一人ひとりを大切にしているという印象は、入社後変わったことはありません。社員教育もただの業務習得のためだけではなく、一人の社会人として成長できるような研修や、自分の考える力が付く研修など様々でした。

また年が近い社員が多く、気軽に話すことが出来、上司も気さくに声をかけてくれたことは、入社当初緊張していた私にとっては安心できました。

— 働いていて難しいと思うことはありますか?

働いて思うことは、常に悩みは尽きないということです。入社当初は仕事を覚えるのに精一杯で、なかなか上手く仕事ができないという悩みがありました。それが今では、どうしたら店舗がより良くなるだろうか、患者さんへのサービスが向上するかといったことに変わってきています。また、後輩への指導方法やモノの伝え方など、その時々で悩みは尽きません。しかし、だからこそやりがいや責任感を持って仕事をするということにつながるのではないかと思います。

— ポプラ薬局の好きなところを教えて下さい

写真:Kさんいくつもありますが、とにかく「人」です。若手やベテラン関係なく意見を聞き、同僚に対し気を配る社風を作ってきたのは、今まで働いてきた先輩方だと思います。また、その社風が崩れていないということは、今の社員もその考え方で仕事をしているからだと思います。役職や職種は関係ありません。会社を作っているのは「人」だと思いますし、「人」が良い環境でなければ、長く仕事をしていくことは難しいと思います。

— 仕事のやりがい、頑張っていることを教えて下さい

日常業務では、患者さんからお礼を言われ笑顔で帰る姿を見ると、お役に立てたかなと感じる事が出来、嬉しく思います。また、過去に医療事務の採用担当をしていたことがあり、自分の説明や考えで学生さんに興味を持ってもらえた時はやりがいを強く感じました。この活動を通じて、人と初めて会う事への抵抗がなくなりましたし、色々な方とお会い出来、お話しできることが楽しいと感じるようになりました。

私の挑戦

— 今後の目標を教えて下さい

患者さんが、処方箋が無くても気軽に相談できるような薬局づくりを入社時から考えています。以前は薬局が地域のコミュニティーの一つとなれば良いなという漠然な考えでした。現在では一般用医薬品を買いに来る患者さんが来局され、また管理栄養士が患者さんへ栄養相談を行っています。少しずつ処方箋が無くても、薬局に足を運ぶきっかけが増えていると感じています。これから求められる薬局の形も、地域の患者さんにどれだけ選んで頂けるかという部分にかかっています。今後も、他職種と連携しながら何か取り組みができないか考え、実践していくことが目標です。

学生さんへのメッセージ

— 最後に、これから就職活動を行う学生さんへメッセージをお願いします

写真:Kさん医療事務求人説明会や面談の時に、私が皆さんへ伝えていることがあります。それは、内定をゴールにしないで下さいということです。様々な本やセミナーで聞いたことがあるかもしれません。しかし、数年間社会人として働き本当にそう思うので、お会いした学生さんにはいつも伝えています。就職すると一日の大半は会社で過ごすことになります。ですから、よく社員の話を聞き、実際に会社を訪問して自分の肌で感じながら会社選びをして欲しいと思います。確かに就活中は、とにかく早く内定を決めて安心したいという気持ちがあると思います。しかし、内定が決してゴールではなく、入社してからがスタートだということは、数年間働いてきた中で身に染みて感じます。ですから、とにかく色々な企業、業種、職種を見ることを強くお勧めします。学生の頃から自分は何をしたいのか、どのように働きたいのかと自ら考えられる人は、社会に出てからもきっと前向きな仕事ができると思います。そして、ポプラ薬局で患者さんや、未来の薬局づくりの為に前向きに取り組みたいという方のご応募をお待ちしております!!社会人としてのスタートを全力で応援します!!