薬剤師 Mさん

更新

薬剤師 Mさん

患者様と病院との潤滑油のような薬剤師になりたいです。

薬剤師 Mさん
新さっぽろ店 2018年入社 札幌市出身

薬剤師を目指したきっかけ

— なぜ、薬剤師になろうと思ったのですか?

親類に医療関係者が多く、自然と自分もなろうと思いました。医師である祖父の忙しい姿を物心付いた頃から見ていたので、医師をサポートする職に就こうと決心しました。小学生のころ、虫刺されがひどく悩んでいたときに、薬剤師の叔母へ相談し、よく効く薬を貰っていたことも、大きな決め手の一つです。

就職活動

— 就職活動はどのようにしていましたか?

大学にある資料だけではなく、自分でインターネットでも探しました。また、就職支援室に通い、職員の方に名前や顔を覚えてもらうまで何度も相談をしました。気になった会社には自分から連絡をし、複数の店舗を見学させていただきました。

ポプラ薬局との出会い

— ポプラ薬局との出会いは?

大学にも資料はあったようでしたが、私は自分で検索したどり着きました。ホームページの印象もよく、就職の条件の希望も理想に近いものがあり、見学に行きたいと思い連絡をしました。

— ポプラ薬局に就職しようと決めた理由は何ですか?

当時は他の会社と迷っており、既に就職している同い年の友人や、社会経験を積んだ年上の友人たち数十人に相談もしました。しかし、大きな決め手はポプラの採用担当である社員の方の人柄でした。優しく穏やかなその方の人柄に惹かれ、ここだと思い、入社を決めました。

現在の私

— 実際に就職してみた感想は?

新さっぽろ店は整形外科病院の門前薬局です。同じ鎮痛剤でも、当たり前ですが痛みのきっかけとなった出来事が患者さん毎に違うということを改めて感じました。そうした背景を考え、どう指導していくかを考えるのが今の私の努力点だと思います。

— 働いていて難しいと思うことはありますか?

まだ経験が浅いので飲み合わせや珍しい薬などの指導には苦戦します。わからないことがあればすぐに調べるようにし、次の処方ではスムーズに投薬できるよう心掛けています。

— ポプラ薬局の好きなところを教えて下さい

普段の会話は楽しく、仕事の話になると様々な科のことを教えてくれる上司がいる環境です。

目指す薬剤師の姿

— 目指す薬剤師の姿を教えてください

これくらい我慢すればいい、こんなことで病院に行くのは恥ずかしい、そういった気持ちで病院にあまり行かない人の、病院との潤滑油のような薬剤師になりたいです。セルフメディケーションが推進され、様々な薬がドラッグストアでも購入できる現代ですが、医師にきちんと診てもらい医療用医薬品を飲めば治ることも放置してしまっている方も多いと感じます。特に私と同世代の女性は、悩んでいても病院へ行かない選択をしていると周りでもよく聞きます。これからは地域と連携をし、薬を貰うだけの薬局ではない時代になっていくと思います。そうした中で、適切な受診勧奨をおこない、受診までの一歩が踏み出せない方の背中を押すような働きをしたいです。

学生さんへのメッセージ

— 最後に、これから薬剤師になる学生さんへメッセージをお願いします

6年間の大学生活は、辛く苦しく辞めたくなることもあると思います。私自身も何度も辞めようと思い、泣いた日も少なくありません。特に6年生になるとプレッシャーやストレスで押しつぶされそうになっている方もいると思います。しかし、国家試験の勉強は座学ばかりですが、働きに出ると同じ勉強でもガラっと変わります。患者さんとの話の中で気になったこと、相談を受けたこと、力になりたいと思い自発的に行う勉強は、心から楽しいと素直に思います。伝え方、薬以外の生活での注意すべき点など、受験に向けての座学とは全く違う、「対ヒト」となった勉強の楽しさを知るために、頑張ってください。努力してよかったと思う日々がきっと待っています。