薬剤師 Bさん

更新

薬剤師 Bさん

患者さん全員から自分のことを求められる薬剤師になりたいです。誠心誠意こめて、一人ひとりに寄り添った対応をしていけば、決して不可能ではないと思っています。

薬剤師 Bさん
東室蘭店 2014年入社 札幌市出身

薬剤師を目指したきっかけ

— なぜ、薬剤師になろうと思ったのですか?

私自身、アトピー性皮膚炎だったり小児喘息だったりと、薬の世話になることが多い子供でした。

明確なきっかけとなったのは、小学生のとき、授業で将来どんな職業になりたいかを学ぶ機会がありました。その時に呼ばれた講師が、薬剤師である私の母でした。その講演で母は、薬剤師の知識を使うことで大切な家族を守ることが出来る。薬剤師ではなくても、自分の家族を守るために、良い仕事を見つけて欲しいということを強く語りかけていました。その言葉と姿に憧れて、私は薬剤師を目指すようになりました。

ポプラ薬局との出会い

— ポプラ薬局に就職しようと決めた理由は何ですか?

私は白老町にある家から通える範囲で職場を探していました。都心部から離れてしまうため、研修の数自体が少なく、開催地が遠くて行くだけでも大変な点が不安でした。そんな中、私はポプラ薬局に出会いました。初めは勤務地が自分の希望とあっていたため、話を聞いてみようという程度の考えでした。しかし、何度か説明会に参加するうち、ポプラは研修に力を入れていると聞きました。ポプラは、自分が学びたいと望む勉強会を提案することが出来ます。社内勉強会が充実しているとわかって、私の不安は解消されました。社員からの声を反映してくれる部分がとても魅力的だと感じ、私はポプラに決めました。

現在の私

— 実際に就職してみた感想は?

ポプラは自分がどんな方向性で成長、活躍したいか上司や会社と共有する機会があります。多様な企画や研修に参加することで、自分の方向性を見つけるチャンスを掴めます。漫然と同じ日常になりにくい職場であると感じました。

私は、「患者さんが自分を求めて、薬局に来てもらえるような存在になりたい」と思っています。その結果、いまは東室蘭店の管理薬剤師として勤務しています。実際に管理薬剤師を経験したベテラン社員の指導を受けながら、私自身、学びながら日々の業務に取り組んでいます。管理者となっても、手厚いフォローがあるので安心しました。

私の挑戦

— 管理薬剤師になって何かご自身に変化はありましたか?

やはり管理者として、周りのスタッフから信頼される存在にならなくては、と考えるようになりました。他のスタッフの声に耳を傾けるのもその一つです。「この方法に変えた方がより効率良く業務が出来るのではないか」、「こうした方がもっと患者さんのためになるのではないか」など、周囲の意見を聞き、より良い店舗にするためにはどうしたら良いか、スタッフ皆で考えるよう呼びかけるのも、私の仕事だと思っています。また、ミスやクレームが発生しないよう、社員の行動に気を配ることも心掛けています。その結果、自分の発言や行動に信頼が結びついてくるのだと私は考えます。

目指す薬剤師の姿

— 目指す薬剤師の姿を教えてください

患者さん全員から自分のことを求められる薬剤師になりたいです。というと大きく聞こえますが、誠心誠意こめて、一人ひとりに寄り添った対応をしていけば、決して不可能ではないと思っています。

私は、服薬指導がしたくて薬剤師になりましたが、「患者さん一人ひとりを大切にすることはいいことだと思うけど、待っている患者さんのことを見てないのでは」という上司からの言葉をきっかけに、丁寧さと速さのバランスを取らなくてはいけないと感じました。しかし、やはり自分が信念としている「丁寧な服薬指導」も重要だと考え、それを上司に相談しました。その結果、投薬の時間だけではなく、他の作業時間は短くできないだろうかと考えるようになりました。実際、他の作業にも時間がかかっていることが分かり、他の解決方法を発見することが出来ました。このように、課題を一つずつ解決しながら、目指す薬剤師に向けて取り組んでいます。

学生さんへのメッセージ

— 最後に、これから薬剤師になる学生さんへメッセージをお願いします

まずは自分がどんな薬剤師となり、どのように患者さんのために役立てるかを思い描いてみて下さい。在宅医療や運動療法、地域とのコミュニケーションなど、薬剤師になれば自分の好きな専門性をとことん磨いていくこともできます。やりたいことが決まれば、おのずとそれを行うために自分が学ぶべき・やるべきことが見えてくると思います。